【移管前に】楽天証券で保護預りに振り替える方法。

楽天証券のシステムが変わってから、初めての移管をしました。

一手間増えていますのでご注意ください。

※受け渡し日以降の対応になります。

スポンサーリンク


一手間というのは、代用扱いから保護扱いに変える必要ができました。

簡単に言うと、『信用取引における担保から外す必要がありますよ。外すことによって移管も可能になりますよ。』

というイメージです。

保護扱いに変更するための簡単な解説を。

トップ画面より「入出金・振替」→「振替実行・代用状況」→「代用振替(現金・株式・投信)」→「信用口座」→「預り金・保護預り」と順に押します。(以下の赤枠内参照)

すると以下のような画面になり、受け渡し日以降のものが下の方に羅列します。

※羅列したものから移管したいもの(保護預りに変えたいもの)を「最大」で選択して、画面を進めます。

すると暗証番号を入力する画面になりますので、暗証番号を入力後に「振替を実行する」ボタンを押せば終了です。

完全に一手間増えました。

この手間を省く設定もありますが、設定するかどうかは一長一短があります。

先ほどの画像の「代用振替」2つ右隣りの「自動振替設定」画面に行くと以下の画面になり、詳細を設定できます。

Fの欄の赤枠内をクリックしておくことで、今後手配したものは保護扱いになると思います。

※「思います。」というのはしてみようと思いましたが、以下のようなエラーが出ましたので実践できていないためです。

注文中または受渡が済んでいない取引があるため、「F:現物買付時の株式自動振替」は変更できません。

確かに受け渡しが済んでいない取引があります。というか、常に受け渡し前の約定がある人は多いと思うのですが・・・。

うーん、面倒ですね。

スポンサーリンク


今までが楽だっただけなんでしょうね。

面倒ですが、頑張っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする