【優待クロス】キャンペーンのご利用は計画的に!!

SBI証券の移管キャンペーンにより、9月が手数料キャッシュバック(上限5000円)の対象になっている方は多いと思います。

先月のキャンペーンに関しては適当に利用した方も、今月に関しては計画的に利用した方が良さそうです。

スポンサーリンク


移管受付期日がある

おそらく優待クロスのために移管する方は楽天証券からの移管の方が多いかもしれません。または、今までの経緯からGMOクリック証券からの移管も多いかもしれません。

GMOクリック証券に関しては、年内に関しては一般信用取引手数料は無料のために、手続きの手間も含めてこの2社からの移管が圧倒的に多いと思います。

それぞれの移管受付期日は以下のようになっております。

・楽天証券

・GMOクリック証券

どちらも19日が移管手続きのリミットとなっております。

ということは逆算して、13日約定→19日移管手続きがギリギリになります。

※移管手続きを間違う可能性もあるので、可能であれば9月10日、11日くらいまでに約定した分が移管できると考えておいた方が良いかもしれません。

楽天の様子を見られない

楽天の争奪戦は13日19時になります。

よって、その時点で楽天にないからSBIやカブドットコムで空売りした銘柄に関しては、すでに移管手続きはできない状況になります。

ということは、移管ができない分の手数料が多くかかると思っておいた方が良いです。

SBIで取得する銘柄が超少数が確定している方は問題ないでしょうが、SBIで取得する銘柄がいくつかあるかもしれない方に関しては、今から13日までに取得するものに関しては手数料の安い証券会社で現物を手配した方が良さそうです。

スポンサーリンク


まとめ

せっかくのキャンペーンです。

「あ〜、あの時移管していればよかった」と後悔しないように、うまく活用して最大限の利益が出るようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする