お米が無くなって来たのでふるさと納税を!!

少々優待とは離れますが・・・。

お米=貰うもの

そんな印象になってしまっているこの頃です。

スポンサーリンク


我が家は株主優待でお米をいただくことや、おこめ券をいただくことでしばらくお米を普通には買っておりません。

ただ、おこめ券の枚数も現状ではまだ限りもある状況+株主優待のお米は新米の時期が多いということで、今の時期を含めてお米が足りなくなる時期も多くあります。

そんな時にはふるさと納税が非常にオススメです。

ふるさと納税に関しては説明を控えますが、寄付した額に応じて色々なものがいただける制度です。寄付した額の内、2000円以外は後々に返ってくるようなイメージです。(寄付はいくらでも可能ですが、年収等により寄付で返ってくる上限額は異なります。よって、実質負担が2000円になるような額を上限に寄付することが一番良い選択肢です。)

以前にふるさと納税で戴いたお米がそろそろ無くなりそうなので、とりあえず20キロ分をふるさと納税で戴くことにしました。

今回寄付したのが、こちらです。

新米のものが多く、すぐにお米を届けてくれる自治体を探すのが少々大変でしたが、香川県三木町という自治体に1万円の寄付でお米20キロというものがあったのでお手続きをしました。

※15キロとか10キロとかなら選択肢は多数ありますが、20キロになると非常に少なくなります。

スポンサーリンク


ふるさと納税に関しては、年収等にもよりますが、普通のサラリーマンの方であれば寄付の上限は3万円〜5万円くらいが一般的でしょうか。

仮に5万円とすると、お米の品種にこだわりがなければ、

1万円につき20キロもらえるとして

お米100キロが実質負担2000円で戴けます。

スーパーで売ってる5キロのお米が100円で買えるようなイメージです。

以前は確定申告が必要でしたが、現在は自治体に任せることも可能なので本当に手軽にできるようになりました。(確定申告をしている方は寄付金控除の所に記入しないといけません)

優待クロスもオススメですが、ふるさと納税も非常に良いですよ。

お米だけでなく、ちょっと反則的なものも含めて色々なものが戴けます。

ではでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする