【朗報】移管で売買手数料がキャッシュバック

SBI証券より非常に耳寄りな面白い情報が発表されました。

クロス取引にも非常に有益になりそうなのでご紹介します。

スポンサーリンク

以下になります(SBI証券ホームページより)

 IPO銘柄の株式移管入庫で国内株式手数料キャッシュバック!

本キャンペーンは2018/6/19(火)~2018/7/31(火)に株式移管入庫が完了となるお客さまが対象となります。

対象期間内にキャンペーン対象の株式を当社へ移管入庫を完了された方全員に、2018年8月の国内株式取引手数料(約定日ベース)をキャッシュバック!(1人当たり上限5,000円、2018/7/31(火)までに総合口座を開設完了された方が対象。)
それだけではありません!移管入庫を完了された方全員に、SBIポイント100ポイントも追加でプレゼントいたします!
対象のIPO株式を取得されたお客さまは、このチャンスを活かしてSBI証券をさらにご活用ください!

入庫キャンペーン対象銘柄

上場日

銘柄コード

銘柄名

市場

6月19日

4385

メルカリ

マザーズ

6月20日

6579

ログリー

マザーズ

6月21日

4386

SIG

JQS

6月21日

4387

ZUU

マザーズ

6月21日

9273

コーア商事

東証2部

6月22日

6580

ライトアップ

マザーズ

6月26日

9274

国際紙パ商

東証1部

6月27日

4388

エーアイ

マザーズ

6月27日

4389

プロパDBK

マザーズ

6月27日

4390

ips

マザーズ

6月27日

7031

インバウンド

マザーズ

6月29日

7030

スプリックス

東証

7月4日

4391

ロジザード

マザーズ

7月5日

1446

キャンディル

マザーズ

7月10日

7806

MTG

マザーズ

以上です。

最初にこれを見たときには、移管している間に株価が下がったらどうしよう。という印象でした。

また、IPOなんて当たっていないよ。という方も多いと思います。

スポンサーリンク

しかし、中には国際紙パルプ商事のように1単元がお安いものもありますし、IPOが当たっている必要もなさそうです。楽天証券のように手数料が安い証券会社で現物を入手して移管しても適用されるはず(!?)です。※補償はしません。

株価が5000円以上下落しなければ・・・。という条件ですが、私は移管をしてみようと思います。

口座をお持ちでない方は以下からどうぞ。

考えようによっては、国際紙パルプ商事であれば最大5000円の下落までは保証された上で、ちょっとしたスリルが楽しめる。

8月は優待が多くなる時期で、信用手数料も対象のようですので面白いゲームだと思ってご参加されてみてはいかがでしょうか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする