ロジザード(4391)新規上場(IPO)承認〜初値予想

ロジザード株式会社が7月4日のマザーズ上場を承認されました。

7月の2社目の発表(上場はこちらが先)となりましたが、どのような会社なのでしょうか!?

スポンサーリンク


ロジザード(4391)はどんな会社?

事業内容:

在庫管理システムのクラウドサービスによる提供

となっております。

提供しているサービスを分類すると以下の3つに分類されます。

①各システムサービスの提供、システムで利用する端末機器のレンタルやサポートの提供により月額利用料を徴収する「クラウドサービス」

②顧客からの要望に基づくカスタマイズやクラウドサービスの導入支援からなる「開発・導入サービス」

③クラウドサービスで顧客が利用する機器やサプライ品(ラベル等)の販売を行う「機器販売サービス」

簡単にいうと、在庫管理をするシステムや機器のお手伝いをしますよ。という業務内容です。また、従来とは違い、機器に関しては携帯やタブレットを利用することで導入コストを削減することも可能になります。

直近の業績は?

肝心の直近の売り上げや利益の推移は以下のようになっています。(上場前売上等推移)

売り上げ、利益ともに右肩上がりの傾向が続いております。

ようやく軌道に乗ってきたという印象です。

IPO引受け幹事及び日程他

幹事・日程他は以下のようになっています。(予定)

主幹事 野村証券
幹事

SMBC日興

みずほ

SBI

岡三

想定価格 770円(x100株)
仮条件決定 6/14
BB期間 6/18〜22
抽選日 6/25
購入申し込み期間 6/26〜29
上場予定 7/4
公募枚数 400000株
売出枚数 430000株
OA分 124500株

証券会社により日時が異なります。お付き合いしている証券会社のHPよりご確認ください。

幹事の追加は一覧の方にします。

スポンサーリンク


所感(参加スタンス)

枚数はそこそこありますが、想定価格も低く吸収金額は大きくありません。

低位株ということもあり、初値は上昇傾向にありそうです。

企業自体の評価はA評価くらいですが、初値という点では3倍以上になる可能性もあると思います。

IPO一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする