【税金注意】どう補填してる?クロス取引で投資資金の目減り分

クロス取引をして戴いた株主優待は皆様どうしていますでしょうか!?

まさか、全部そのまま売っているなんてことはないですよね(笑)

でもクロスだけをしていると資金量が手数料の分だけどんどん減っていきます。どう補填するのかをちょっとだけ考えてみました。

スポンサーリンク

クロスだけしていると資金が目減りする

優待の「タダどり」という言葉がよく使われますが、少し違います。実際には若干の手数料がかかります。

現物株だけ持ってて、手数料込みで損益ゼロで取得した場合が本当のタダどりであって、通常の場合は「プラスどり」もしくは「マイナスどり」のどちらかです。

クロス取引の場合は手数料の分「マイナスどり」になるために資金は減少します。手数料しかかからないとはいえ、年間で数百銘柄取得しようとすると・・・

やはり結構な金額がかかることになります。

かなりざっくりと計算してみます。

1社平均の手数料が300円計算、貸株料が100円計算だとすると、1銘柄の取得にかかる費用は400円です。

100銘柄で40000円、200銘柄で80000円です。

※実際には値嵩株は貸株料だけで400円以上になることもあったりするので、手数料がかからない体系で取引をしている人以外はもう少し(もっと)高くなっているかもしれません。

現在は相場も良いために、通常の投資をしている場合にはそちらの方で手数料分は賄えている方は多いと思います。

しかし、相場が悪くなったら多くの人は資金は目減りする一方になってしまいます。

クロス資金を減らさないために補填することは大事

毎年、クロスだけしている方はかかった手数料等の金額を補填しないと、資金が目減りしてクロスできる銘柄も先細っていきます。

よって、手数料等の金額分は最低限補填をしないと毎年取得する銘柄が少なくなってしまいます。

※株価が上昇傾向で1年間で2割の株高になっていることを考えると、限られた資金でクロスできる銘柄数はこの1年間で10数%が減っているはずです。

クロスしかしない方からすれば、株価はどんどん下落した方が恩恵を受けられ取得できる銘柄数は増えますが、それでも補填しない限り資産は減っていきます。

どう補填するのが良いのか?

ではどのように補填するのが理想的でしょうか。

いくつか考えられる方法を挙げてみます。

①優待を換金して補填する

②優待で浮いた分を【つもり貯金】のように投資に回し補填する。(例:本を1000円分優待の図書カードで買ったから、自分の財布から1000円補填する。)

③何も気にせずに月々生活費が余った額から補填する

④投資で増やすから関係ない

などです。

私自身の口座は現状では主に④なのですが、我が家では奥様と子供口座では大きい投資はしなく、クロスが主の口座なので、銘柄が多い2月3月で少し資金が減ってしまいました。

配当の調整金もあるので資産の把握が現時点ではだいぶざっくりですが、多少減っているのは間違いなさそうなので、補填しないといけません。

クロスだけをしている人にはどの手法が一番理にかなっているのでしょうか。。

③はお金持ちの発想のために、一見したところ①か②が妥当に見えますが・・

どちらも多少の問題点があります。

優待を使うのもお金がかかる

優待券を使う店舗が全てが自宅付近にあれば良いですが、優待を使うのにもお金が結構かかります。

例えば、

電車代・ガソリン代があったり、車の場合であれば駐車場代金であったり、レジャーの優待を使った先での食事代であったり・・。泊まりで行く場合にはホテル代も。。

そのうち富士急行の優待で富士急に行こうと思っていますが、ガソリン代、高速代、ホテル代、食事代金などは最低限かかるために、食事を全て優待券としても1〜2万円程度はかかってしまいます。富士急のパスポートの金額と同等かそれ以上かかってしまう。さらにいえば、優待取得費や償却費等が実際にはかかります。

本末転倒ですが、優待を使う為に、本来はいかないところに行ってお金を余計に使う生活をしていることが多くあります。

我が家ではそういう費用を株主優待で普段浮いた金額で賄っております。

よって②という選択肢から補填する感じではないのが我が家の現状です。多くの方は優待を使うために費用をかけているのではないでしょうか!?

「いや、かけていない」という方は桐谷さんのような生活かもしれません。

①が一番効率的

①が一番効率的かもしれません。

お金で帰ってきますし、それを複利で運用できれば雪だるま式に資金が増えて行くことになります。

生活の面白さという点ではつまらないですけど、割り切ってできるのであれば一番理にかなっていると言えそうです。

しかし、本来は株主優待にも税金の対象というのが実情なので、ここでも問題点が出てきます。

スポンサーリンク

株主優待も20万円以上になれば雑所得として税金が!?

①にも②にもかかるお話になります。

「株主優待にも税金がかかるのか」

これは非常にグレーゾーンです。

株主優待も優待を含めて20万円以上所得がある場合には雑所得として課税対象という話もあります。(人によっては事業所得で38万円など)

確かに実際に税務署に行って、申告すれば課税されると思います。

しかし、優待の価値はどのように計算するのでしょう!?

例えば、クオカード・・・1000円のクオカードはそのまま1000円でしょうか。金券ショップで換金すれば950円くらいだから950円計算?

自分でコンビニで使った場合に、1000円分のお弁当を買っても1000円計算?だったら買いませんよね。

どのように消費したのかは分かりづらいこともあり、非常に曖昧ですね・・・。

そして金券以外の場合はさらに曖昧になってきます。

カタログギフト3000円

自社商品5000円

などは価値の計算は非常にしづらい。と言いますか、出来ないという言い方が妥当でしょう。

自己消費分に関しては課税対象にはしない(黙認されている)ように感じます。

以上は、専門家に聞いた回答です。

ただし、メルカリやオークションなどで売って20万円を超えたら課税対象になるというのは間違っていないと思います。よって確定申告の必要があります。

とはいえ取得費用もありますので、また難しい話です。

このあたりはまた日を改めて。

スポンサーリンク

まとめ

他で利益が出ている場合は良いですが、多少は補填のために換金する必要やつもり貯金のようなものを組み合わせる必要がある。というのが私の結論です。

税金を考えずに、全部換金していた方は多少考えた方が良いかもしれません。過去に遡って課税されたり、多めに払うことになっても言い訳はできません。

マイナンバーの導入により、年末調整書類と証券会社のデータの管理は簡単にできるようになっているはずです。

サイバー班も含めて将来的に大きい規制があっても驚けません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする