ラクスル(4384)新規上場(IPO)承認〜初値予想

ラクスル株式会社が5月31日のマザーズ上場を承認されました。

5月は例年通り1社もないかと思っていましたが、滑り込みで月末上場となります。

おそらく、多くの方がCMで見たことがあってご存知かと思いますが、簡単に見てみます。

スポンサーリンク


ラクスル(4384)はどんな会社?

事業内容:

印刷及び集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」を中心とした印刷事業、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を中心とした運送事業等、産業毎のシェアリングプラットフォームの創出

となっております。
 
 
『1枚◯円からのネットプリントはラクスル』というCMが印象に残っている方も多いのではないかと思います。
 
事業の一つの柱のラクスル部門の事業系統図は以下のようになっています。(目論見書より)
 
中間マージンを生業としていることがわかります。
 
特徴としては、小ロットの印刷を低価格で提供していることです。
 
これにより、今まで予算の関係でできなかった中小企業や個人事業主のマーケティング活動も可能になっております。
 
 
もう一つの事業の柱は「ハコベル」になります。
 
事業系統図を見るのが一番わかりやすいです。(目論見書より)
 
荷物を送りたい側と運送事業者をつなぐお手伝いをしています。
 
運送事業者の隙間を狙った商売になり、記事時点では最安で3600円〜(税別)になります。よって一般の宅急便のようなものが対象ではなさそうです。
 
トラックに積載できる範囲ならどれだけ荷物を積んでも一律料金ということで、ある程度の量や大きさがあるものが主な対象になります。
 
事業などをしていると、運送会社は決まったところがあると思います。
しかし、運送会社は台数が限られているために、指定日が空いていない→違うところを探す。といったこともあります。
 
そういう場合には助かるサービスになっております。
 
ただ、対応エリアがまだ狭いのでそれを伸びしろと取るのか、不便と取るのかは意見が分かれるところです。

 直近の業績は?

肝心の直近の売り上げや利益の推移は以下のようになっています。(上場前売上等推移)

なかなか見ない感じですね。

売り上げは順調、利益が・・・!?

ユーザー登録者を増やすための先行投資をしてきたため・・・という一見信ぴょう性のある内容ですが、実際のところは不明です。

リピーターもいる中での推移にしては物足りない部分も見受けられ、利益率が低いのではないかと推測します。

IPO引受け幹事及び日程他

幹事・日程他は以下のようになっています。(予定)

主幹事 大和、三菱UFJモルガン
幹事

みずほ

SBI

SMBC日興

マネックス

想定価格 1400円(x100株)
仮条件決定 5/15
BB期間 5/16〜22
抽選日 5/23
購入申し込み期間 5/24〜29
上場予定 5/31
公募枚数 2500000株
売出枚数 8449900株
OA分 1642100株

証券会社により日時が異なります。お付き合いしている証券会社のHPよりご確認ください。

幹事の追加は一覧の方にします。

スポンサーリンク


所感(参加スタンス)

業績には勢いは感じますが、利益の面が市場でどういう印象になるのか読めないです。

もっともらしい赤字の理由を書いていますが、個人的には疑わしい部分が大きいです。

時価総額が大きくなることや売り出し比率も気になりますが、想定価格は低く、評判はともかく有名な会社であること、上場間隔が開くことで、若干のプラスで返ってくるのではないかと推測します。

5月16日追記:IPOの市況の悪さから買い支え含めて公募前後かもしれません。若干弱気になる部分もありますが、一応参加だけしようかと。

IPO一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする