逆日歩予報正式版開始です〜SMBC日興証券よりお知らせがありました。

少し前からSMBC日興証券より「逆日歩予報」のお試し版が利用できるようになっていましたが、正式サービスとして開始される見込みになりました。

4月24日まではお試し版→5月末ごろから正式サービスという予定になっております。

スポンサーリンク


SMBC日興証券よりメール

SMBC日興証券よりメールが届きました。

以下になります。

「逆日歩予報」サービスをご利用のお客様

このたびは「逆日歩予報」サービス(お試し版)をご利用いただき、
誠にありがとうございます。

「逆日歩予報」サービスは、4/24(火)の配信を最後に、
お試し版としてのサービス提供を終了させていただき、5月末頃から正式版としてサービス開始を予定しております。

正式版では、お客様のご要望にお応えして、以下のとおりサービスを改善いたします。
・日次での予報配信
・予報配信の速報性、配信頻度の向上
・対象銘柄の拡大
・提供情報の拡充

なお、正式版は、当社に口座をお持ちのお客様を対象としたサービスとなります。
口座をお持ちでないお客様は、口座開設をいただけますよう宜しくお願いいたします。

とのことです。

予報の精度はなんとも言えません。過去記事に精度分析したものもありますので読んで見てください。

しかし、このようなサービスをリリースすること自体がとても面白い試みで、多少の費用がかかっていることを考えるとSMBC日興証券の姿勢が垣間見えます。

一般信用売りにもぜひ着手していただきたいものです。

お試し版との違いは?クロスで使える?

日次での配信、速報性、配信頻度の向上がお試し版から変わるようです。

他にも情報量が変わってくるようですが、クロス投資に関しては、日次で更新してもらっても、制度信用クロスの場合は直前になるはずです。

お試し版では権利付最終日に予報が見られますが、それに対して動く方がいらっしゃるのでその時点での精度が高くても、その後に変化する特徴がありそうです。この点はおそらく変わらないのではないかと思います。(頻度が高ければ、刻一刻と変わるかもしれません。)

直前以外で利用するとしたら「もしかしたら逆日歩が高くつくかもしれない。現状で一般信用の在庫があるから事前に取得しておこう。」というような使い方かもしれません。

スポンサーリンク


かなりの速報性、頻度で毎日更新されるようであれば、他の投資にも使えるかもしれません。

口座を持っていない人で、ご興味があれば開設してみてはいかがでしょう!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする