一般信用クロスできる証券会社を考える

一般信用取引に詳しい方には不要かもしれない内容を個人的な意見も含めてお伝えします。

各社の内容が都度変化する中で、たまには見直しをしていくのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

よく優待クロスで使われている証券会社は?

まず、一般信用クロスをされている方が多く使っている証券会社はどこでしょう。

皆様のブログやいただくコメントからの推測ですが、

一般信用クロス参加者がよく使う証券会社は

・SBI証券

・カブドットコム証券

・楽天証券

の3社が圧倒的に多いと思います。

上記3社の個人的なイメージとしては、

カブドット→手数料が高い・貸株料が安い

SBI/楽天 →手数料が安い・貸株料が高い

というイメージです。

このイメージもある程度皆様も共感されると思います。

この3社以外を考えた場合にはどうなるのかを考えてみました。

他には!?

一般信用売りができる証券会社は他に

岩井コスモ・大和・松井証券

があります。(記事時点)

個人的なイメージとしては、手数料が高い(松井の10万円までを除いて)という印象がありましたが、実は

手数料はそこまで高くない。

※中には1日の合計金額に応じた手数料というのもありますが、使いようによっては最安ではないかもしれないですが、高くないと思います。

しかも、貸株料が安いです。(全て2%以下)※記事投稿時点

イメージとしたら、SBI/楽天とカブドットコムの間というイメージです。(あくまでも手数料と貸株料のみ)

SBIをメインとしている場合は要注意かも

個人的にはSBI証券さんは一番好きな証券会社です。

しかし、シビアに考えた場合には今回の一般信用取引の返済が5営業日→15営業日になってしまい、今まで選択肢としてなかったものを考える良い機会になってしまったと思います。

仮に、貸株料が12日以上(10営業日)プラスになれば、

10万円の株の場合は128円

50万円の株の場合は641円

100万円の株の場合は1282円

の貸株料が高くなります。

金額が低い場合は選択肢として考えられないかもしれませんが、一定の金額以上になると、

貸株料が高くなる分 〉 手数料差額(手数料でやすくなる分)

になる可能性が大いにあります。

都度見直しを

新しい情報を元に動かないと、痛いロスがありそうな気がしてきました。

固定概念で最初に挙げた3社で取引をするのが良いのか。

・取り扱い銘柄数

・貸株料・金利

・手数料

・管理料

・名義書換え料(現引き漏れなどのリスクが証券会社により異なる)

なども含めて最善な方法は各自で違うと思います。

スポンサーリンク

まとめ

優待クロス(つなぎ)に関しては、主流の3社の中では楽天証券が頭1つ(2つ?)抜けているような気がします。

しかし、情報が更新されていく中では最善な方法は変わっていく(変わっている)可能性があります。

また、超人気の優待であれば、競争が少ない証券会社で取得するのも手かもしれませんが、どうなのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする