楽天証券大口優遇の適用のされ方〜実際に適用されてみました

楽天証券の大口優遇はご存知でしょうか?

大口さんに対する優遇措置として

3ヶ月間手数料が安くなったり、ポイントが付きやすくなったりする制度です。

簡単に見ていきましょう。

スポンサーリンク

大口優遇の特典

大口優遇は条件を満たすと以下の特典が3ヶ月間適用されます。

①手数料が安くなる

以下は楽天証券の記事時点での手数料になります。(超割コース)

※楽天証券ホームページより

現物の手数料が全体的に安くなっていることがわかります。

また、信用取引に関しては全て無料(貸株・金利はかかります)になっています。

現物でも10万円までは無料になっているので、例えば100株8万円の株を10単元買う場合には10回に分ければ無料になります。

これはクロスでも使えます。信用買いも手数料は無料ですが、買い方金利はかかるので、1単元が10万円以下の場合は面倒でも回数を分ければ買い方金利の分、安くなります。(面倒な方は普通に現引きしてください)

また、通常のクロスでも手数料がかからなくなるのは大きい武器だと思います。

②ポイントが2倍になる

手数料に応じてもらえるポイントが通常の2倍になります。(超割コース)

「楽天スーパーポイント」や「JALマイレージバンク」の「JMBマイル」に交換できたり、投資信託の買い付けに利用できるポイントになります。

チリも積もれば・・・ということであれば、楽天でお買い物をする方などには良いシステムかもしれません。

※楽天証券ホームページより

簡単にいうと、手数料を1000円払えば10ポイント→20ポイントになるということですね。

大口優遇の一番簡単な適用条件

これから、大口優遇の簡単な適用を受けましたのでご紹介します。(記事時点での内容です)

まず、以下をご覧ください。(楽天証券ホームページより)

大口優遇を受けるためには大きく分けると、

日次判定・・・1日で判定されます。

月次判定・・・1ヶ月の平均で判定されます。

の2種類があります。

その中で一番簡単なのは、おそらく

日次判定の「信用取引の新規建約定金額の合計額5000万円以上」です。

ある程度の資金が必要ですが、資金さえ用意できれば1日で条件が達成できます。

ある程度の資金は後ほど明記します。

実際にノーリスクで適用されてみました

以下をご覧ください。

1日で合計5000万円の新規建信用取引を達成しました。

とはいえ、リスクを無くしたかったので、クロス取引です。

私の場合は1日信用を利用し、

午前のクロスで任天堂を300株(それぞれを引けで反対売買にて返済)

午後のクロスでトヨタ自動車を1600株(それぞれを引けで反対売買にて返済)

合計5289万円。

(売買トップから追っていき、任天堂、トヨタ、ファナック、個人的に好きな東京エレクトロンの4社から選択しました。ストップ高やストップ安になる懸念も考えて、午後には株価が変動しづらい銘柄にしました。)

15:00に簡単に完了。

日次判定の場合は翌日から無料になり、翌月から3ヶ月間が大口優遇の適用です。

一応、ある程度の資金がある方であれば可能な手法です。17〜1800万円くらい集められれるのであればクロスは一回でも大丈夫です。

もしくは2回なら900〜1000万円程度。

あとは多少のリスクがつきものです。

最低限、特別空売り料がかからない銘柄でするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

これで手数料無料になるので楽天証券はクロスにとても使えますね。

また、10万円以下の現物が無料になるのも大きいです。

まあ、元々が楽天のクロスは現物がほぼ無料で手に入るので、信用売り手数料分が安くなるといった感じです。

しかし、選択肢が増えるのは間違いなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする