マネックス証券の強みは?信用取引手数料改定〜2017年11月

先日SBI証券の信用手数料が変更になりましたが、時期を同じくしてマネックス証券も11月27日約定分より手数料を一部改定しております。

今回改定したのは

信用取引(取引ごと手数料)

になります。

※一日定額や現物手数料、コールセンター手数料には変更はありません。

スポンサーリンク

新旧比較(信用取引:取引ごと手数料)

さて、新しい手数料は11月27日約定分からの適用されております。

新しい手数料と古い手数料を比較したものが以下になります。(税抜表示)

1注文の約定金額 取引手数料
今まで
パソコン(PC) スマホアプリ・携帯電話
10万円以下 100円 95円
10万円超 20万円以下 180円 140円
20万円超 30万円以下 250円 190円
30万円超 40万円以下 350円
40万円超 50万円以下 450円
50万円超 100万円以下 成行:1,000円 約定金額の0.10% 355円
指値:1,500円
100万円超 150万円以下 成行:約定金額の0.10%
指値:約定金額の0.15%
600円
150万円超 200万円以下 800円
200万円超 一律1,000円

大まかに約定金額が高いものが値下げ率が高い印象ですね。

50パーセント以上安くなっている価格帯も多くなっております。

マネックス証券の強みは?

マネックス証券の強みはなんでしょうか。

①IPOが100パーセント平等抽選

これはよく言われていますし、確かに強みではありますが、マネックス証券のIPOに応募して1年くらいは経ちますが、今まで一回も当たったことがありません。

マネックス証券は申込数も多く、主幹事も少ない。そんな中では100パーセント平等抽選であったとしても、口座数が少ない+10パーセントが抽選配分の証券会社と変わりないと個人的には思っています。

幹事数が多いのでその分夢を見られることはメリットです。

②立会外分売を扱っている

これも強みになると思います。

立会外分売は銘柄にもよりますが、少額の利益が出る場合が多いです。

コツコツと応募し続ければ、IPOよりは間違いなく当たります。

③少額取引の手数料が安い

30〜50万円くらいまでの手数料は安い部類に入ると思います。

という3点が主な強みだと感じています。

こう見ると、マネックス証券さんはお付き合い程度で落とす手数料と立会外分売でしかお世話になっていないことに気付きました。。

少し反省中です。

スポンサーリンク

まとめ

GMOクリック証券が基本値上げし、SBI証券などが値下げ。マネックス証券も値下げということで、各証券会社で考え方が異なっております。

差が詰まっているということでしょうか。

マネックス証券はIPOや立会外分売には欠かせない証券会社の1つです。信用取引に関しては一般信用がないためにクロス取引(つなぎ売り)ではお世話になっていませんでしたが、手数料も安くなったので制度信用のクロス(つなぎ)ででもお世話になろうかと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする