SBI証券信用取引手数料改定〜2017年11月/12月

SBI証券が11月27日より信用取引のスタンダードプランの手数料の改定がありました。

また、12月22日より現物・信用ともにスタンダードプランの手数料を改定します。

※信用取引(スタンダードプラン)は2段階で手数料が変わります。

スポンサーリンク

現物1回毎の手数料改定〜スタンダードプラン

スタンダードプランの現物手数料の変更内容は以下のようになります。

約定金額 現在 12月22日(金)~
5万円以下 139 円 50 円
10万円以下 90 円
20万円以下 185 円 105 円
50万円以下 272 円 250 円
100万円以下 487 円 487 円
150万円以下 582 円 582 円
3,000万円以下 921 円 921 円
3,000万円超 973 円 973 円
 

信用1回毎の手数料改定〜スタンダードプラン

スタンダードプランの信用手数料の変更内容は以下のようになります。

こちらは2段階で変更となっております。

約定金額 現在 11月27日(月)~ 12月22日(金)~
10万円以下 143 円 95 円 90 円
20万円以下 140 円 135 円
50万円以下 191 円 190 円 180 円
100万円以下 360 円 360 円 350 円
150万円以下
3,000万円以下
3,000万円超
 
 
また、マネックス証券と楽天証券も手数料の改定を発表しています。(以下、SBI証券HPの比較です)
 
マネックス証券が11月27日から、楽天証券が12月25日から改定します。
 
どちらも手数料が競うように安くなっておりますが、SBIが2段階で手数料を変更するのはマネックス証券に合わせているので、とても好感が持てますよね。
 
ますます必要な証券会社になりました。
各証券会社の手数料比較はこちらの記事になります。→証券会社比較

最新の情報を仕入れて自分にあった証券会社を見つけてくださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする