GMOクリック証券が信用取引手数料改定〜2018年より

手数料が安い証券会社として定評のあったGMOクリック証券が来年1月4日約定分より信用取引手数料が改定されることが発表されました。

手数料比較した場合にはライブスター証券とGMOクリック証券が2強というイメージがありましたが、今後どのようになっていくのでしょうか。

併せて、買方金利も変更になりますのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

GMOクリック証券の手数料改定内容

この度、GMOクリック証券が発表した手数料改定の内容は以下のようになっております。(1月4日取引分より)

手数料プラン 約定代金 改定前(税抜) 改定後(税抜)
1約定ごとプラン ~10万円 93円 89円
~20万円 93円 130円
~50万円 93円 170円
~500万円 93円 240円
500万円超 0円 240円
1日定額プラン ~10万円 93円 0円
~50万円 194円 200円
~100万円 389円 400円
~200万円 681円 800円
~300万円 972円 1,200円
300万円超
(100万円ごとに加算)
292円 400円

一日定額が10万円までが0円になったのは、松井証券に続いて楽天証券、SBI証券が実施したためかと思います。

しかし、他の面では1約定ごとプランの10万円までが4円安くなった以外は、全てが値上げとなりますので、基本的には大幅な改悪となりそうです。

それだけ、今までが頑張ってきたということなのでしょうが、普段GMOクリック証券をメイン証券にされている方には大ダメージとなりそうですね。

合わせまして、金利の改定も行われています。

GMOクリック証券の買方金利・貸株料の改定内容

買方金利・貸株料の改定は以下のようになっております。(2017年12月27日(水)取引分より ※1月4日(木)受渡分より)

<金利(通常プラン)の改定>

項目 改定前 改定後
買方金利(年率) 制度信用 2.10% 2.75%
一般信用 3.50% 3.00%
貸株料(年率) 制度信用 1.10% 1.10%
(変更なし)
一般信用 開始予定

こちらは制度信用の買方金利が上がり、一般信用の買い方金利が下がっております。

貸株料は変更ありません。

おそらく、信用買いを利用して現物株を入手していた方も多いと思いますが、制度信用の買い方金利が上がったのはマイナスに作用しそうです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

多くの方が悪い印象を持ってしまいそうですが、それだけ苦しい状況ということです。今まで頑張ってきたから勘弁してください。という内容です。

これで通常取引の手数料はライブスター証券が圧倒的に安くなった印象です。IPOにも資金なしで申し込み出来ますので開設して損はないと思います。(ライブスター証券の口座開設はこちら→ライブスター証券

GMOクリック証券は一般信用売りを2018年に開始するようなので、それが救いですね。銘柄数にも期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。