要興業(6566)新規上場(IPO)承認〜初値予想

株式会社要興業が12月25日の東証2部上場を承認されました。

25日はABホテルと共に2社同時上場となりました。

要興業とはどのような会社でしょうか。

スポンサーリンク


要興業(6566)はどんな会社?

事業内容は

一般廃棄物収集運搬業務╱一般廃棄物処分業務╱産業廃棄物収集運搬業務╱産業廃棄物処分業務╱特別管理産業廃棄物(医療廃棄物)収集運搬業務╱再生資源取扱業務(金属・ガラス・発泡スチロール・古紙・ペットボトル)╱機密情報処理業務╱古物売買業務╱貨物運送取扱業務╱倉庫取扱業務

となっております。(ホームページより)

先日のミダックと同じような業務内容になります。

要興業は昭和47年創業、昭和48年設立の東京都豊島区池袋が本社の会社になります。

グループは要興業と株式会社ヨドセイ(連結子会社)により構成されており、東京23区を中心に、産業廃棄物に分類されるビン、缶、ペットボトル、粗大ゴミ等や、一般廃棄物に分類される可燃ゴミ等の収集運搬・処分、リサイクルを中核とした事業を行なっております。

創業以来、「環境保全と循環型社会に貢献する企業であること」を企業理念として掲げ、快適な都市生活と資源の循環を推進するための適正な廃棄物処理と資源リサイクルを業として、お客様から信頼される質の高いサービスを提供し、関係する行政、企業、地域との共生を図り、永続発展を目指して株主と社員を大切にすることを経営方針としております。 当社グループは総合廃棄物処理事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載 を省略しておりますが、当社グループの主なサービスは収集運搬・処分事業、リサイクル事業、行政受託事業の3つに区分されます。(目論見書より)

分かりやすくずでまとめたものが以下のようになります。

よく見る青いゴミ収集車なども業務の一貫となっています。

ミダックとは若干イメージが違いますね。

拠点は以下のようになっております。

事業内容

収集運搬・処分事業

主に東京23区内の事業所における事業活動に伴い発生する産業廃棄物と事業系一般廃棄物の収集運搬・処分を行っております。ほぼ全ての品目について収集運搬の許可を有しており、400台を数えるグループ保有車両で、約400名のドライバー(うち、約300名が正社員)により廃棄物を運搬しております。

7000箇所以上の廃棄物排出現場と定期回収契約をしているため、要領よく回収できるのが強みのようです。

リサイクル事業

リサイクルセンターに運び込まれた廃棄物である古紙、ビン、缶、ペットボトル、粗大ごみ等の選別、破砕、圧縮、梱包等の処理を行い資源化し、再資源化品や有価物等を業者に売却しております。また、段ボールや一部の機密書類については、専用車両で回収し、古紙業者に売却もしくは製紙工場に直納しております。

安定した量があるため、売却先への価格交渉力が強みのようです。

行政受託事業

東京23区の依頼により、当該区から発生する不燃ごみや容器包装ごみ(ビン、缶、ペットボトル、プラスチック容器ごみ)をリサイクルセンターで資源化処理しております。また、株式会社ヨドセイにおいて、家庭から排出される一般廃棄物を東京23区との雇上契約※により、行政の処理施設及び処分場に運搬しています。

※雇上契約(ようじょうけいやく)→東京23区の家庭系一般廃棄物の運搬を請負う業者を「雇上業者」と呼び、その契約を「雇上契約」といいます。

上記3つをまとめたものが以下の図になります。

 直近の業績は?

直近の売り上げや利益の推移は以下のようになっています。(上場前売上等推移)

今期はともかく、前期までは売り上げ・利益ともに横ばいという印象です。

今期に関しては第二四半期時点では昨年実績ベースでは上回っております。

IPO引受け幹事及び日程他

幹事・日程他は以下のようになっています。(予定)

主幹事 野村証券
幹事 三菱UFJモルガン、みずほ、SMBC日興、SBI、カブドット
想定価格 700円(x100株)
仮条件決定 12/6
BB期間 12/7〜12/13
抽選日 12/14
購入申し込み期間 12/15〜20
上場予定 12/25
公募枚数 2000000株
売出枚数 2476300株
OA分 671400株

証券会社により日時が異なります。お付き合いしている証券会社のHPよりご確認ください。

スポンサーリンク


所感(参加スタンス)

東証2部案件、業態から第一印象は特に魅力を感じない企業です。

もう一社同時上場のABホテルの方がどちらかというと魅力があります。

PER(昨年利益、想定価格ベース)は14〜15倍になっていますが、東証2部案件のためあまり割安とは言えないかもしれません。

しかし、低位株で買いやすさがあるので需要をどれだけ集めるかが争点になりそうです。

個人的には現状では多少のプラスはあるかと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする