明光ネットワークジャパン(4668)株主優待到着〜2017年8月優待内容紹介

2017年8月優待の株式会社明光ネットワークジャパンより株主優待が到着しました。

優待の到着は11月18日でした。

スポンサーリンク

基本情報は以下のようになっております。

株式会社明光ネットワーク(4668)

8月末日が権利日になります。

事業内容:小中高向け個別指導の補習塾の「明光義塾」をFCを軸に展開しています

※最新の株価はコチラ(リンク先:Yahoo!ファイナンス)

優待内容

2017年(平成29年度)8月末の優待の内容は以下の通りです。

取得株数に応じて、クオカードが下記金額分いただけます。

3年未満の保有と3年以上の保有で優待の金額が変わります。(3年以上保有の方には2000円分がプラスになります。)

  3年未満 3年以上保有
100株以上 1000円分 3000円分
500株以上 2000円分 4000円分
1000株以上 3000円分 5000円分

※3年以上の継続保有に認定されるためには、毎年2月末・8月末の株主名簿に同一株主番号で7回以上連続で記載されている必要があります。少し画像が曲がっていますが、明光ネットワークより来た書面は以下になります。

仮に今から取得したとして、3年経過した時にもこの制度があるのか、またあった場合でもその後何年間続くかが不明ですね。

実際に届いたものはこちらです。

今回は1000株取得のために、3000円分のクオカードになります。

100株等でも絵柄は変わりません。(奥様分でクロスを失敗しまして、100株取得になりました。)

また100株が一番優待利回りは良くなります。

スポンサーリンク

まとめ

YDK(やればできる子)というCMで有名な明光ネットワークジャパンになります。以前は100株以上で一律3000円のクオカードがいただけましたが、当時からは優待内容が改悪しております。(長期認定の500株以上を除く)

個人的には数年前から優待は関係なしに売買を繰り返している銘柄になり、毎日株価の推移を見ています。個人的見解ですが、1200円くらいが基準となっていて、1200円を大幅に割れた時に100株だけ買っておけばあまり損はしないと思っています。(配当・優待があるため)

ただし、少子化の中でどのように業績を伸ばしていくのかが懸念され、優待自体の維持がどこまで可能なのかは疑問に感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする