オプトラン(6235)新規上場(IPO)承認〜初値予想

株式会社オプトランが12月20日の東証1部or2部上場を承認されました。

これで7営業日連続の上場となります。

実際には21日にプレミアグループが承認されているために8日連続となります。

オプトランはどのような会社でしょうか?

スポンサーリンク


オプトラン(6235)はどんな会社?

事業内容は

真空成膜装置、周辺機器および真空成膜製品を使用したユニットの製造、販売および輸出入上記の製品のメンテナンスおよびコンサルティング業務

となっております。(ホームページより)

1999年設立の埼玉県川越市が本社の会社です。子会社が上海、台湾、アメリカにあります。

事業内容を読んでもよくわかりませんが、カメラやスマホ、LED照明、生体認証、自動車、VR/AR、半導体、光通信などに技術が使用されております。(以下に目論見書の画像を添付します。)

私たちの生活に欠かせないものに関連していますね。

また、時代のニーズに合わせた市場開拓をしております。

下記をご覧ください。

直近ではVR・AR、IoT、生体認証などこれから本格化していく技術にも対応しています。今後もこの姿勢が変わらない限り、必要な企業であり続けることができそうです。

事業等系図

事業等系図は以下のようになっております。

上海や台湾の子会社も含めて、製造や販売も行っているようです。

上海や台湾なのは技術力の問題でしょうか。。

直近の業績は?

直近の売り上げや利益の推移は以下のようになっています。(上場前売上等推移)

今期は第3四半期時点での進捗が素晴らしいですね。

今期に関しては第3四半期経過時点で、前年の実績を全ての面で大幅に上回っております。

業績からはかなりのプラス要因があるように感じます。

IPO引受け幹事及び日程他

幹事・日程他は以下のようになっています。(予定)

主幹事 大和証券
幹事 三菱UFJモルガン、みずほ、野村、むさし、岡三、SBI、カブドット
想定価格 1460円(x100株)
仮条件決定 12/1
BB期間 12/5〜12/11
抽選日 12/12
購入申し込み期間 12/13〜18
上場予定 12/20
公募枚数 4200000株
売出枚数 3000000株
OA分 1080000株

証券会社により日時が異なります。お付き合いしている証券会社のHPよりご確認ください。

スポンサーリンク


所感(参加スタンス)

第一印象は枚数を見てもあまり魅力を感じませんでした。

しかし、調べてみるとアルバックが大株主であったり、売上をみても枚数の多さの理由もわかります。

PERは割安とは言えない水準かもしれませんが、堅調な株価になることが予想されます。安心感もある企業ですし、参加をしたい案件に変わりました。

大和証券のチャンス当選に期待です!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする