PERとは?PBRとは?

株式投資をしていると見慣れない言葉が多くあります。

その中でもよく目にするのがPERとPBRです。

どちらも投資の使われる指標になっております。

スポンサーリンク


それぞれどういうことを示しているのか、それぞれの意味と特徴を見てみたいと思います。

PERとは?

PERとはPrice(価格)Earnings(収益) Ratio(比率)の略です。

日本語では「株価収益率」と言います。

一言で説明すると

年間の1株あたりの利益(税引後)に対し、株価が何倍になっているか

を表しています。※1株あたりの利益はEPSという言葉で表されます。

例えば、ある銘柄の税引後の1株あたりの年間利益が20円、株価が200円であればPERは10倍(200/ 20=10倍)となります。

今後、業績等が全く変わらない場合に、10年間で時価総額と同額の利益が稼げる企業とされます。

PERに関しては、一般的には数値が低いほど割安とされます。

PERの特徴

ある特定の年に特別利益、特別損失等が多額にあった場合には当該年の利益が大きく変わり、PERにも影響を及ぼします。

また、PERは業種毎に平均値が大きく異なります。よって特定業種の中での比較する場合には有効に使える場合が多いです。

なお、毎年大きく収益を伸ばしている企業に関しては、将来的期待からPERは高くなる傾向があります。(日経平均採用銘柄の平均PERが14〜15倍に対して、数百倍以上のPERの銘柄も中にはあります)

よって、PERを投資の指標として利用する場合には

・この会社は業績も良く、同業の他の会社と比べてPERも低いから投資しよう

・この会社は株価も右肩上がりで、来期のPERが割安になりそうだから先行投資をしよう

などというイメージで利用されることになります。

ただ、PERが低いことだけに投資対象を見るのではなく、なぜ低いのか。また、高い場合にはなぜ高いのかまで加味して投資をする必要があります。

PBRとは?

PBRとはPrice(価格)Book Value(簿価) Ratio(比率)の略です。

日本語では「株価純資産倍率」と言います。

一言で説明すると

会社の1株あたりの純資産に対して、株価が何倍になっているのか

を表しています。

仮定としてある企業が解散する場合には、株主には資産が分配される権利があります。

純資産=時価総額の場合は、1株あたりの純資産=1株あたりの株価になります。(PBR=1倍の状態)

よって解散した場合は、理屈としては株価と同等の資産が分配される権利を持ちます。

よってPBRは1倍を基準として考え、1倍を下回れば割安、1倍を上回れば割高と見ることが可能です。

PBRの特徴

PBRは企業の財務の健全度や資産内容に関する指標として見ることができます。

日経平均採用銘柄の平均PBRは1.2〜1.3倍です。銘柄によりばらつきがありますが中には100倍を超えるものもあります。

純資産に大きい変動がある場合にはPBRも変動しますので注意が必要になります。

PBRを投資に利用する場合には

・この会社はPBRが1倍を切っているから、いずれは1倍までは戻すのではないか。

・PBRが低いから、万が一の場合でも少しは安心かな。

などというイメージになります。
スポンサーリンク


まとめ

PERは収益率と株価の関係を表す指標に対して、PBRは企業の純資産と株価の関係を表す指標となります。

業界毎に平均も異なり、成長性によっても大きく異なります。

また、企業にとって大きい出来事がある場合には大きく変動する場合があります。PERやPBRを利用する場合にも企業体質、業種、成長度合等を総合的に判断して投資をすることをオススメします。
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする