日経平均株価とは〜TOPIXとの違いは?

「日経平均」という言葉はニュースなどでよく耳にします。

景気が良い時や良いニュースがある時には高くなり、景気が悪い時や悪い出来事(最近の大きい悪い出来事だとリーマンショックやライブドア事件)があると低くなったりします。

TOPIXも同じように耳にする言葉ですが、どう違うのでしょうか。

スポンサーリンク

日経平均とは

日経平均とは

日本経済新聞社が、東京証券取引所第一部に上場する銘柄のうち225銘柄を用いて表す株価指数。(デジタル大辞泉より引用)

となっています。

東証1部上場企業の中から選ばれた225銘柄による株価指数で日経225と呼ばれたりします。

日経平均株価の225銘柄は?

日本を代表する企業が多く選ばれています。毎年そのうちの一部が入れ替わります。

採用銘柄は毎年変わります。日経の指数公式サイトがありますのでご確認ください。

日経平均株価の計算方法は?

採用銘柄の株価の合計を225で割るのが日経平均株価ではありません。

株式分割や併合が行われると、企業価値は変わらないのに平均が変わってしまうことや銘柄が入れ替わることで連続性が保てなくなるためです。

分割の場合で解りやすく3銘柄で計算します。

仮にA銘柄が1000円、B銘柄が2000円、C銘柄が3000円とした場合の平均は(1000+2000+3000)/ 3で平均は2000円になります。

しかし、C銘柄が1:2の株式分割をした場合の平均は(1000+2000+1500)/ 3で平均が1500円になります。

分割することで平均が落ちてしまいます。

※同じように銘柄の入れ替えの場合でも平均は変わってしまいます。

そのような不都合を調整し、連続性を維持するために「除数」という調整値を利用して、日経平均株価は算出されます。

日経のサイトでは以下のように表されています。

旧額面制度を継承した「みなし額面」を各構成銘柄に設定。日経平均株価は、このみなし額面で換算した構成銘柄株価の合計金額を、「除数」で割って算出します。

みなし額面という言葉がもう分かりませんね。こちらは楽天証券のHPが一番イメージしやすい文章でしたので以下をご参照ください。

みなし額面一覧

では実際の計算はどうするのでしょうか?

日経平均株価=みなし50円換算の225銘柄の株価の合計÷除数

で表されます。

なお一つの銘柄の

【みなし50円換算の株価=現在の株価x50/みなし額面】

で表され、これを225の銘柄で行った合計を除数で割ったものが日経平均株価となります。

※除数は変動しますが、2017年10月10日時点では26.950(約27)になっています。

TOPIXとの違い

TOPIXとは東証株価指数のことです。

日経平均株価が東証1部の代表的な225銘柄の指数

に対して

TOPIXは東証1部全銘柄の指数になります。

東証1部の全銘柄の時価総額の指標で 『昭和43年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額を指数化したもの』になります。

※時価総額=発行済み株式数x株価

TOPIX・・・時価総額が以前と比べてどのくらい上がっているかを示す指数ということですね。

なおTOPIXの推移は以下のようになっています。(日本証券取引所HPより)

まとめ

日経平均株価もTOPIXもどちらも経済の指数を表します。

どちらが優れているというわけではありません。

日経平均は225銘柄の指標になること、また特定の株価が高い1社(例えばファーストリテイリングなど)に大幅な上下がある場合には大きく影響を受けやすいと言えます。

TOPIXは日経平均よりも扱う銘柄数が多いため、1社による株価の影響は限定的ですが、電気機器、情報通信、銀行業等の時価総額がお大きい業種の影響を受けやすいと言えます。

スポンサーリンク

最後に・・・「日経平均が20000円を超えました。」という話は聞きますが、「TOPIXが2000を超えました。」という話はあまり聞きません。日経平均の方が、節目として意識される印象です。例えば現状が19700円であれば、心理として20000円行くかなぁ。のように節目としてイメージしやすく人間心理が影響されやすい印象です。

ただ、どちらも重要な指数と考えて参考にしながら投資をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする