株取引の税金〜特定口座・一般口座の違い(利益・損失)

株取引に関しても利益が出た場合には納税義務があります。

いくら納税する必要があるの?

納税の方法は?

といった疑問が出てきますね。

また損失が出てしまった場合の対処法もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

株取引の税金

簡単にお話しすると、

利益に対してかかる税金は20.315%

です。(内訳:所得税が15.315%、住民税が5%)

仮に100万円の投資で110万円になった場合、利益の10万円に対して上記の税金が発生します。

100000x 0.20315=20315円の税金がかかります。

実際の純利益は8万円弱になってしまいます。

※1円未満は切り捨てになります。

納税方法

納税方法は大きく分けて2種類あります。

・証券会社が代わりに納税してくれる。

・自分で確定申告をする。

という2種類です。

納税方法は証券会社の開設時に選んだ口座の種類によって決まってきます。

口座の種類には「特定口座(源泉徴収あり)」、「特定口座(源泉徴収なし」、「一般口座」の3通りがあります。それぞれの納税方法等の違いは以下のようになっています。

  年間取引報告書 確定申告 納税方法
特定口座(源泉徴収あり) 証券会社で作成 不要 売買時に利益から税金が引かれます。
特定口座(源泉徴収なし) 証券会社で作成 必要 確定申告で納税
一般口座 本人が作成 必要 確定申告で納税

特定口座と一般口座の違いは年間取引報告書を証券会社が作成してくれるかどうかが違いになります。なお、圧倒的に多いのは一番上の「特定口座(源泉徴収あり)」を選択している方で全体の8割くらいの方が選んでおります。

一見すると「特定口座(源泉徴収あり)」が良さそうですが、他を選ぶメリットはどういうことがあるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを次に見てみます。

口座の種類によるメリット・デメリットは?

それぞれのメリット・デメリットは以下のようになります。一般的な内容になりますので場合によって他のメリットやデメリットがでてきます。

特定口座(源泉徴収あり)の一般的なメリット・デメリット

メリット①:確定申告の必要がない。

メリット②:どれだけ稼いでも扶養に入っていられる。

メリット③:損益通算が行われる。(損失と利益の相殺が行われる)

メリット④:勤務先にバレることはほぼない。

デメリット①:もしかしたら払う必要がない税金を払う場合がある。(一般的な方は年間20万円以下の利益に関しては納税義務がないのに払うことになる)

デメリット②:税金の徴収が売買時に行われるため、確定申告する場合と比べて資金の拘束が早く行われる。

特定口座(源泉徴収なし)の一般的なメリット・デメリット

メリット①:年間20万円以下の利益の場合は納税不要。※ただし、20万円を超える場合は翌年の確定申告が必要になります。年の途中で20万円超えそうな場合でも年の途中での切り替えはできないはデメリットです。

メリット②:納税が「源泉徴収あり」の場合と比べて遅くなるため資金を有効に投資にまわせる。

デメリット①:確定申告の必要がある。(20万円以上の利益で)

デメリット②:扶養から外れる場合がある。(保険の扶養・所得の扶養)

デメリット③:確定申告をすることで、勤務先にバレることがある。

※クロスの場合などでは配当の税金は徴収されるので確定申告をした方が良いです。

一般口座の一般的なメリット・デメリット

他の2つと比べると優れた点がないので選択の余地が見当たりません。

ではなぜあるのかというと、同じ証券会社内で他の投資(国債等)をしている場合に一般口座しか選べない。ということがあります。その場合では株投資をする際にも一般口座を選択せざるを得ないということになります。

よって株式投資の場合は上記の2つから選択するのが賢明かと思います。

※なお口座を変更することもできます。基本的には翌年からになりますが、場合によっては年の途中でも変更することができます。

年間で損失が発生した場合は?

 今までは利益が出た場合の話をしていましたが、損失が出た場合はどうなるのでしょうか?
損失が出た場合には、確定申告をすることで特例を受けることができます。
特例の【上場株式などの譲渡損失の3年間繰越控除】になります。損失が出たら確定申告をして翌年以降に出た利益で払った(払う)税金を取り返しましょう(減らしましょう)。というイメージです。※カッコ内は源泉徴収なし口座の場合のイメージです。
簡単に図でも見てみます。
以下はカブドットコム証券のホームページの画像になります。
表で大体お分かりになると思いますが、損失が出たら3年間は損失の繰越ができて、その間に利益が出たものは損失の繰越範囲内で相殺されるという内容です。
くれぐれもこの特例を受けるためには確定申告を毎年する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

利益が出た場合には税金を払う必要があります。

ただし、証券会社に登録してある口座によりメリット・デメリットが異なってきます。

面倒がりの方は「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すると良いと思います。

年間20万円以下の利益を目指す方!?や確定申告が苦ではない方で投資資金を目一杯利用したい人は「特定口座(源泉徴収なし)」を選択すると良いと思います。ただし、確定申告をする場合には勤務先に取引をしていることが知られる可能性があります。

一般口座はほとんどメリットはありません。

ただし、デメリットはそれぞれあるのでよく見極めないと手間がかかったり、余計な税金を払う場合があります。

もし損失が出たら特例を利用して翌年以降に損失を繰り越して、翌年以降で節税を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする