SBI証券の強み〜口座開設数400万件を超えました。

SBI証券はネット証券として口座開設数ナンバー1だけではなく、野村証券の口座数をも飲みこもうとする勢いです。

先日 SBI証券の口座数がなんと400万件を超えたと発表がありました。

なぜここまで強いのかまとめてみました。

スポンサーリンク


IPOの取り扱い数が多い

昨年は全証券会社を通じて1番多くの取り扱いをしています。 また、外れた場合に付与されるチャレンジポイントをもらうことでいつか当たる。という仕組みがあります。(チャレンジポイントとは) ※資金量に応じて当選しやすくなるため、当たりやすいとは言えません。ただ、主幹事を務めることが多いので期待値は高いと思います。

取り扱い商品が多い

上の画像はSBI証券のホームページのトップバーです。 人によっては興味がないものも含めて多くを扱っていますので、いろいろな投資を広く浅くしたいけど複数の会社に登録したくない。という方にはうってつけの会社だと思います。

一般信用取引が可能

これはクロス取引(つなぎ売り)において大きい武器になります。 銘柄数としてはカブドットコム証券には及びませんが、システムが違うので一概にどちらが良いとは言えません。 また、一般信用を利用したクロス取引のコストは平均的に安く、欠かせない証券会社といえます。

それぞれのサービスが他社と比べて劣らない

取引に掛かる費用や維持費、投資信託数等全てを見ても他の会社より大幅に劣るものはなく、1番ではない部分も多いですが優れていることがわかります。 他社をよく研究している。というのが強みに感じます。 例えば、先日まで株式投資において一日10万円までの合計約定額が0円だったのは松井証券です。それに対して以下のような手数料にて対抗してきました。(アクティブプランの場合) 楽天証券も10万円までは0円で松井証券に合わせてきています。 しかし、1日合計10万円までが無料に全て見えますが、 ・楽天証券、松井証券→現物と信用取引の合計が10万円までが0円 に対して ・SBI証券は現物取引と信用取引がそれぞれ10万円までが0円となります。 これは非常に大きいと思います。 クロス取引においては「5万円までの株が選択できる→10万円までの株が選択できる」ようになることを意味します。 このようにSBI証券を見ていると、他社をしっかりと研究してこちらに還元してくれているように感じます。(楽天証券もそのようなイメージです) ※iDeCOに関しても、SBI証券や楽天証券がサービスが良いと思います。

株式売買の手数料コースが2種類ある

「スタンダードプラン」「アクティブプラン」と2通りの手数料コースがあります。正直これは珍しいことではありませんが、金額が大きい場合や1回のみの取引はスタンダードプラン、少額を小まめに取引する場合はアクティブプラン、というように使い分けができるのは大きいです。 ※手数料コースは都度1日単位で変更できます。

立会外分売を購入できる

いくつかの証券会社で扱っていますが、その中にSBI証券も入っております。 立会外分売は前日の終値からディスカウントした価格で株を購入できることで利益が上がることも多いです。 スポンサーリンク

まとめ

こう見ると指示される理由が分かります。 他の証券会社にもナンバー1やオンリー1の部分もあるので1択ではありませんが、他にも良い点はあるので必須の証券会社の1つといえますね。 個人的にはこれ以上口座数が増えるとIPOなど当たりづらくなりそうで困ってしまいます(笑) 

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする