大阪油化工業(4124)新規上場(IPO)承認

大阪油化工業株式会社が10月5日のジャスダック上場を承認されました。

どんな会社なのでしょうか?

簡単にみていきましょう。

スポンサーリンク


大阪油化工業(4124)はどんな会社?

事業内容:精密蒸留精製、昇華精製

となっております。

大阪油化工業は高度な蒸留を行い、様々な業界に貢献しているようです。HPによると以前より医薬品・農薬・香料・液晶・電子材料等の分野で活用され、最近では航空・宇宙産業にまで利用されているようです。

蒸留と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、小学校の頃に習った食塩水を蒸留して水と食塩に分ける。というのが一番馴染みがありますよね。ガソリンを石油から抽出することも蒸留技術を使用していて、実はかなりお世話になっている技術のようです。

私たちに馴染みのあるスマートフォンにも技術が使われているようですね。目論見書より

創業も1948年11月と古く、地元に根ざした信用の高い企業のようです。

※詳しくは目論見書をご覧ください。

直近の業績は?

直近の売り上げや利益の推移は以下のようになっています。(上場前売上等推移)

創業が古い企業だけあり、堅調というイメージです。1株あたりの利益も優秀なようです。

近年において設備投資を積極的に行なっていたようで、今後は利益が安定化してくるのでしょうか。

こういう地元に根ざして長く経つ企業は長く持って応援したい企業ですね。

IPO引受け幹事及び日程他

幹事・日程他は以下のようになっています。

主幹事:野村証券

幹事 :大和証券・SBI証券・SMBC日興証券

想定価格1830円(x100株)

仮条件決定:9/15

BB期間:9/19〜25

抽選日:9/26

購入申込:9/27〜10/2

証券会社により日時が異なります。お付き合いしている証券会社のHPよりご確認ください。

なお

公募株数270000株

売り出し260000株

OA分79500株

となっております。

スポンサーリンク


所感(参加スタンス)

歴史のある企業だけに幹事証券会社にはお馴染みの証券会社が並んでいます。

気になる点としては、3社が同時上場で多少は資金が分散すること。また、歴史がある企業のため今後の伸びを考えると需要という点では他の2社には少し劣るかもしれません。

ただし10月5日上場の3社を比較すると、大阪油加工業は売り出し株数も少なく、公募の割合も他の2社と比較すると多いです。よって基本的には参加をしたいと思っています。

老舗企業としての底力に期待しております。

9月19日追記

予定通り参加することとします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする