信用取引とは?

信用取引という言葉をよく使いますが、信用取引とはなんでしょうか。

誰でもわかるように解説してみます。

スポンサーリンク


信用取引とは何?

簡単にいうと、【証券会社に預けてある資金や株式を元(担保)に、自分の資産以上の株式の取引をすること】です。

そのためには証券会社の審査を受けないといけませんが、最大で3倍の資金の運用ができます。

また、株を借りて、持っていない株を借りて売る→後日買い戻す。という、通常の株式売買とは逆の取引もできるようになります。よく空売りという言葉を聞きますが、このことを指します。

具体的に見ていきましょう。

2種類の信用取引

信用取引には2種類があります。

①制度信用取引

取引できる銘柄やルールが証券取引所により決められています。

ルールが決まっているので、どこの証券会社で取引しても、貸株料や金利、返済期間(6ヶ月以内に返済)等は同じです。逆日歩が発生するのもこの制度信用取引の場合です。

信用売りもできる銘柄を賃借銘柄といい「賃借」という表示になっています。(信用銘柄ではあるけれど、売りは出来ないというケースがあるということになります。その場合は信用買いしか出来ないということです。)

②一般信用取引

取引できる銘柄やルールが証券会社毎に決められています。

制度信用と違い、各社でルールが変わってきます。

返済の期限も証券会社により、1日(当日返済)〜無期限まであり、貸株料や金利等も様々です。また、中には制度信用取引ができない銘柄が取引できたりします。

逆日歩がないのも特徴です。

信用取引の3つのメリット

①持っている資金以上の取引をできる。

最大で3倍の資金を運用できます。例えば通常40万円しか持っていない場合は、100万円の株は買えませんが、信用取引を利用すれば買うことができます。

もちろん、その分(実際には40万円しかないのに、100万円分運用する分)リスクもあります。

※最近はミニ株のように100株単位ではなく、1株単位で買える証券会社さんもあります。どうしても買いたい会社の株があって、信用取引が怖い。という方には1単元未満で買うのが良いかもしれません。

②売りから入る取引ができる。

通常の株式取引は「買った株を売ります」・・・値上がりすれば利益が出て、値下がりすれば損失が出ます。

その逆で

売りから入る取引は「売った株を買い戻します」・・・値下がりすれば利益が出て、値上がりすれば損失が出ます。・・・50万円で売った株を40万円で買い戻しで利益10万円

ということは、株価が下落したり、加工トレンドの時でも利益を出すことができるということになります。

③株主優待のクロス取引ができるようになる。

※クロス取引に関してはコチラをご参照ください。

③以外に関しては損失が出る可能性もありますが、どちらも自分の資金以上のものが運用できるという部分ではメリットになりますね。

ではデメリットも見ていきましょう。

信用取引のデメリット

①貸株料、金利、逆日歩等の費用がかかります。(後日記載したいと思います。)

追加の証拠金(追証)が発生することがあります。

担保が足りなくなると、証拠金を追加で入金しないといけません。応じられない場合は、強制的に決済されてしまいます。

③期間が定められた取引が一般的です。

制度信用は6ヶ月と決められています。一般信用は証券会社ごとで期間がそれぞれです。

また、一般信用の中には無期限というものもあります。

④信用買いをしている場合は、株主優待はもらえません。

⑤配当金は売り方であれば(買い方に)支払い、買い方であれば(売り方から)もらえます。※買い付け余力の拘束内容は各社で違います。

⑥売買時の手数料ももちろんかかります。(証券会社により大口さんは無料になることもあります)

スポンサーリンク


最後に

簡単に項目のみでまとめさせて頂きましたが、信用取引はそれぞれの証券会社の審査が必要です。年齢やある程度の現物取引の経験がないと通りません。

自分の資金以上のものを運用するということは、利益が出るときも大きいですが、損失もその分大きくなります。値動きが激しい銘柄に投資をすると追加の証拠金が必要になり、自分自身の首を絞めかねません。

節度を持った投資を心がけるようにしてください。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする