資金不要でIPO抽選に申込できる証券会社

資金ゼロでもIPO投資抽選に申し込める証券会社があるっていうのはご存知ですか?

IPO参加時には一般的に申込みのタイミング(もしくは抽選のタイミング)で申込分の資金が必要になります。※一般的に・・・というのが今回のポイントです

中には申込時にも抽選時にも資金不要という証券会社があります。

資金が不要の7社をご紹介いたします。

※2019年4月時点ではDMM株も不要になっております。

スポンサーリンク


資金不要でIPOの申込〜抽選を受けられる会社①〜野村証券

まずは、言わずと知れた野村証券です。

毎年のようにIPO主幹事でトップを取るような証券会社さんなのに、なんと微笑ましい対応なのでしょうか。

抽選に回してくれる量は、個人への配分の約10%と少ないのですが、取引が多い人への裁量配分は当たり前だと思います。口座の開設数も圧倒的に多く、私自身は開設して間もないため!?当選経験はありません。しかし無料の宝くじを貰っているという感覚で私は申込みを続けています。

→その後、当選しました。野村証券さんありがとうございます。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社②〜いちよし証券

次に毎年多くの幹事を務めるいちよし証券です。

以前は電話でのブックビル(申し込み)が必要でしたが、2018年の途中からネットでブックビルが可能になりました。

主幹事もたまに務めることがありますが、私は当選したことはありません。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社③〜ライブスター証券

2017年よりIPOの取扱を始めた証券会社です。

たまにIPOの幹事入りする印象です。

手数料も業界では最安レベルでIPOに関しては100パーセント完全平等抽選

私は現状ではまだ当選していませんが、いつか主幹事案件が来ないかな。と思っています。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社④〜岡三オンライン証券

岡三証券さんもありますが、岡三オンライン証券さんです。

どちらも岡三グループの中の企業ですが、全くの別会社です。

手数料を多く払っている人が優遇される仕組みとなっており、手数料を払っていない人には少々厳しいかもしれません。

ただ、幹事数は多く、株式売買の手数料はネット証券の中でも安い部類に入ります。株をいっぱい買って優遇される仕組みになった人は当選確率が飛躍的にアップすると思われます。※一般人にはなかなか厳しいかもしれないです。その分優遇される人が少ないはずです。

投信でも預入額によって当選する確率も上がるようなので、たくさんお持ちなら預けてみても良さそうです。

私は当選したことがありません。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社⑤〜むさし証券

むさし証券さんはIPOに関して毎年多くの幹事を務めています。

元々は資金が必要でしたが、少し前に資金不要になりました。

もしかしたら、その影響で申し込み者が少し増えているかもしれませんが、幹事数が多いので毎回楽しみながら申し込みはできるかもしれません。

私は当選したことがありません。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社⑥〜エイチエス証券

現状では幹事数はそこまで多くないですが、口座開設数もそこまで多くないのではないかと推測すると・・・もしかしたら、と思わせてくれる証券会社です。

エイチエス証券さんにはIPOポイントという制度があります。※詳しくはこちらです。

簡単にいうと、通常抽選の他に再抽選を受けるためのポイントです。

日本郵政の時にはこのポイントを使えば100%当たったようです。

私は当選したことがありません。

資金不要でIPOの申込〜抽選まで受けられる会社⑦〜松井証券

松井証券さんも資金不要でIPOの抽選に申し込めるようになりました。

幹事数も比較的多いので、申し込み続けていれば当選するかもしれません。

残念ながら私は当選したことはありません。

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしょうか?上記の7社(+DMM株)に関しては当選後の購入申込をするまでは資金が不要になります。

もちろん当選した後には資金が必要になりますので、当選したら入金する必要があります。(補欠申し込みでも資金が必要なこともあります)

ちなみに私も貧乏性なのでこの5社は口座を持っていますよ。

まずは証券口座の開設〜申し込みですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする