IPOが当たらない〜どうすれば当たるかを考察

リスクの少ない投資方法の一つとしてIPO投資があります。

ただ、なかなか当たらないのは周知の事実で、「1年間申し込んで1つも当たらない。申し込むだけ時間の無駄」なんて話もよく聞きます。

確かにIPO投資は少ないリスクで大きな利益を出せる可能性が高く、リスクを取りたくない投資家にとっては非常に有益なものなので、参加者が多くなることも納得のIPO投資です。

どうしたら当たるのかを考察していきます。

スポンサーリンク


IPO投資とは?

そもそもIPO投資とはなんでしょうか。

IPO投資とは・・・・企業が上場する際(前)に、自社の株式を不特定多数の投資家に公開し資金調達をする。その際の株の売り出しは証券会社を通じて行われ、それに応募し(安い価格で買い)、上場後に売却する(高い価格で売る)ことで利益をだすものです。

簡単に流れで見てみましょう。

企業が資金調達のために株式を発行して上場する。

証券会社がその株を不特定多数の人に配分するようになる。(配分方法は様々)

欲しい人が上場に合わせて証券会社の抽選に応募する。

当選する。

上場したらすぐに売る。(そうすると利益を出せる確率が高い。)

といった流れです。

IPO投資で成果を出すためには太字にした部分の【抽選に応募して当選する→売る】必要があります。

上場してすぐに売れば利益が出るの?

結論だけで言うと、かなりの確率で利益が出ます。

調達価格(抽選で当たった時に買える金額)が上場時の価格(すぐに市場で売る金額)を下回るケースは少なく、2017年の上場時の初値売りでの成績は9割程度の勝率になっています。

中には5倍になったものもあり、非常に有益な投資方法と言えます。

当選確率を上げる方法はあるのか!? 

劇的に当選確率を上げる方法というのはありません。

ただ有効な手もあります。

・対面取引でいっぱい取引をすることで営業さんからの裁量配分をもらう。(手数料をいっぱい払えば、証券会社の営業さんが配分してくれるかも)

・資金がある人は資金がたくさん預けているとIPO当選確率が上がる証券会社にお金を預ける。(1億円くらい証券会社さんに預ければ、当たりやすいかもしれないです。)

・個別の証券会社毎に用意されているプログラムもあります。(SBI証券のチャレンジポイントや大和証券のプログラムやSMBC日興証券のステージ制など)

といった手です。当然かもしれませんが、証券会社にとって良いお客さんには配分されやすい傾向にあります。(お金をいっぱい預けている人、対面取引で色々と取引してくれる人など証券会社毎に様々な考え方です。)

管理人は当たっているの??

非常に勝率が高いためネットではほとんど当たらないと書かれているIPOの抽選ですが、私はIPO投資をスタートして約1年が経過の素人にもかかわらず、スタートしてから何銘柄かの当選を戴けています。

記事直近では大和証券さんよりシェアリングテクノロジーが当選しております。

※当選画像シェアリングテクノロジー

なお対面取引ではなく、ネット取引しかしておりません。

ではどうしたら私のような少額の投資家(初心者含む)でも当選の確率を上げられるのでしょうか?

どうすれば当たる可能性が高いの?

 IPOの主幹事の証券会社から申し込みをすることです。

主幹事の証券会社とはなんでしょうか。

ある企業が上場する際の売り出し株式は複数の証券会社を通じて行われることがほとんどです。取り扱う複数の証券会社さんを総じて《幹事》といい、その中で一番多くの株数を扱う会社を《主幹事》と呼んでいます。←この主幹事から応募することがとても重要です。

主幹事は全体数量の8割〜9割位を扱うケースが主です。残りを他の幹事で扱うことになり、主幹事以外の証券会社の当選確率は一般的にはかなり低くなります。(例外もあります→コチラ

よって、よほどの大型の上場案件や値下がり可能性がある銘柄でない限り、主幹事以外からは当たりづらく、私自身も今の所、S級、A級と呼ばれる優良銘柄は今のところ主幹事からのみしか当たっておりません。

まず口座開設をしましょう。

実際にIPOの発表されてから口座を作ろうとしても、その銘柄には間に合わないケースが多いです。

そのためにまずは主幹事をよく務める証券会社さんの口座を作っておきましょう。

※1社ではなく複数社作りましょう。(参考としまして2017年上半期の主幹事実績はコチラです。)

なお、添付したシェアリングテクノロジーは主幹事の大和証券さんから当たっており、約12万円の利益を戴けました。

まとめ

IPO投資はリスクの少ない有益な投資です。当たる確率は極めて低いですが、主幹事証券会社を中心に申し込みを続けることで当選する確率は上がります。

まず主幹事を頻繁に務める証券会社の口座を開設しましょう。

もちろん資金に余裕があれば、主幹事以外の証券会社から申し込んだ方が微々たる確率ですが当選確率は高くなります。

諦めずに申し込み続けることが何よりも大事かもしれません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする